塗装におけるケレンの目的とは?

query_builder 2023/06/05
コラム
10

塗装用語に「ケレン」という言葉があります。
ケレンとは塗装前の下地処理のことを指し、塗装を行ううえで非常に重要な役割を担います。
今回は、ケレンを行う目的についてご説明いたします。
▼ケレンの目的
■塗装を下地と密着
外壁や屋根・床には、汚れや異物がついていることがあります。
汚れや異物を除去せずに塗装を行うと、下地と密着させることができません。
そのため、異物を取り除いたり表面の清掃を行ったりして、塗装と下地が密着しやすい状態を作ります。
具体的には、高圧洗浄機による汚れの除去や、やすりやスクレーパー・サンダーなどを使用した表面の調整を行います。
■塗膜の密着を強化
汚れや異物を取り除くほか、塗装を行う表面を荒らす作業も行います。
ツルツルした面に塗装を行ったとしても、密着が強化されにくいためです。
表面に細かい傷をつけ、凸凹ができた部分に塗料が深く入り込むようにすることで、剥がれにくくなります。
剥がれにくい塗装を行うことで、汚れや異物に強い塗装面を長く保てるでしょう。
▼まとめ
塗装の耐用年数には、限りがあります。
また頻繁に行うものではないため、剥がれることがなく良い状態が保てる施工を行うことが重要です。
さいたま市を拠点に、関東エリアで塗床工事や塗膜防水工事を行う『株式会社竹田技研』では、お客様のご要望に沿った塗装を行っております。
飲食店や工場など、さまざまな場所への施工が可能ですので、お気軽にご相談ください。
また当社では、塗装の現場で働きたいという方を募集しております。
経験者・未経験者を問わずご応募いただけますので、一度お問い合わせください。

NEW

  • 防水工事を依頼するメリットとは

    query_builder 2023/04/25
  • 塗床における薄膜と厚膜の違い

    query_builder 2024/02/15
  • 塗床の耐用年数について

    query_builder 2024/02/01
  • 塗床と床塗装の違い

    query_builder 2024/01/15
  • 塗床業者の選び方

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE