アウトガス対策が必要な場所とは

query_builder 2023/06/25
コラム
15

合成樹脂を使用した製品からは、「アウトガス」と呼ばれるガスが放出されます。
製品の品質・人体・宇宙空間への影響もあるとされるため、対策が必要です。
そこで今回は、アウトガス対策が必要な場所について解説いたします。
▼アウトガス対策が必要な場所とは?
■工場
さまざまな商品を作る工場では、たくさんの原材料が使用されます。
特に高清浄度が求められる工場では、アウトガス対策が必須です。
アウトガスは、工場の建築資材に用いられる材料から発生しやすいのが特徴であり、これには床の塗料も含まれます。
広い工場の床は揮発しにくい塗料にするなど、対策を行う必要があるでしょう。
なかでも注意が必要なのは、電子機器や精密機器を製造する工場です。
アウトガスには、製品の安全性を損なうという特性があります。
部品に悪影響が及んだ場合、製品そのものに損害を及ぼす可能性があるため注意が必要です。
■店舗
日常生活において、多くの方がさまざまな店舗を利用しています。
アウトガスは人体に悪影響をもたらす懸念があるため、それぞれの店舗ごとに対策を行う必要があります。
例えば、飲食店の床に対策を施すことで、安全に飲食できる場所を提供することができます。
また、大型の商業施設は滞在が長くなりやすいことから、アウトガスにさらされる時間も増えがちです。
人体への影響が心配される以上、どのような店舗も対策が必要な場所と言えるでしょう。
▼まとめ
アウトガス対策が必要な場所には、工場や店舗などが挙げられます。
人体・環境・製造品を守るためには、しっかりとした対策をとる必要があります。
さいたま市の『株式会社竹田技研』は、塗床工事において多くの実績を積んでまいりました。
現在、共に業界を支える現場監督として活躍したい方を募集しております。
これまでに経験をお持ちの方や未経験の方も、ぜひご検討ください。

NEW

  • 防水工事を依頼するメリットとは

    query_builder 2023/04/25
  • 塗床材のにおい対策について

    query_builder 2024/06/03
  • 塗床工事の目的とは?

    query_builder 2024/05/01
  • 塗床工事にかかる費用について

    query_builder 2024/04/15
  • 塗床工事に使用する道具について

    query_builder 2024/04/01

CATEGORY

ARCHIVE